小さな会社のホームページを素人が作る

アクセシビリティ

2015.11.19

アクセシビリティ はコメントを受け付けていません

 誰もが利用できること
アクセシビリティ(英: accessibility)とは
「近づきやすさやアクセスのしやすさのことであり、利用しやすさ、交通の便などの意味を含む。現代では、広い種類の利用者が製品や建物、サービスなどを支障なく利用できる度合いを指していることが多い。英語本来のアクセシビリティは、ノーマライゼーションの推進の理念から社会のすべてに適用される意味合いがある。日本でのバリアフリーがこれにあたる。
IT分野では、使いやすさや利用しやすさを意味するユーザビリティに近い意味として使われることが多い。この場合、技術に依存せずさまざまな情報端末やソフトウェアから利用できることを目指している」(ウキペディアより)

ユニバ―サルデザインに含まれる考え方かな。

目指すのは、
高齢者でも、耳の聞こえない人でも、色覚に障害がある人でも、目の見えない人でも!「見る」ことができるウェブサイト。

見えない人も?

そう、パソコンには「読み上げ機能」ってのがあるのです。
だから、文字を読ませたいなら、画像を貼るのではなく、出来るだけテキストで。
画像には代替テキストをあてる、ことも重要とか。

なので、新規アップロードした画像は、ページに配置する前に代替テキストを編集しておきましょう。
これ、実は、SEO的にもとても大切なことらしいです。

* 読みあげる場所は、テキストの alt=”○○”部分。ここが代替テキストで入力した文になります。あとから編集もできます。
また、飾り線やちょっとした花のイラストとか読み上げる必要のないものは、空白にしておくといいそうです。


その他、

背景と文字のコントラストをはっきりさせる。
動画には字幕を。
わかりやすい配置。
わかりやすい文章。

などなど。

レスポンシブもアクセシビリティに含まれる考え方。

まだまだ、全ての人にアクセスしやすいサイトにはなっていないので、これについては勉強中ということで。

つぎのオリジナリティ



関連記事

コメントは利用できません。

WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Plugin creado por AcIDc00L: key giveaway
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: posicionamiento web