小さな会社のホームページを素人が作る

写真・画像

2015.11.07

写真・画像 はコメントを受け付けていません

 写真は重要

wordpressの一番の特徴は写真です(きっぱり

テーマ選びでも書きましたが、写真を際立たせるテーマが多く、写真によってその印象はガラリと変わります。

もし、トップページなどに写真を載せないのであれば、あえてwordpressを選択しなくてもいいのではと思うくらい。
まあ、写真を外して作ることも可能ですし、文章だけで構成されるすっきりしたテーマもありますが。

素敵な写真をどう選ぶか。
無料写真素材などはありますが、会社のサイトならよりオリジナリティが求められるのでは?

ということで、写真選び自分たちで撮る ことにすごく拘りました。

 写真の裏技

しかし、私たちはプロのカメラマンではないので、無料素材の写真よりかなり劣るのは否めない。
写真のポイントにはいろいろあるけど、ボケだったり、ピントだったり、明るさ、色合い、配置、そもそものモデルの…。
更に、撮った写真を見てみると、写っていると台無しになるものが写り込んでたり。周りの環境も大きいものです。

で、カメラマンとしては姑息な手段かもしれないけど、

加工
でレベルアップすることにしました。

明るさ・色合いの補正、トリミングや補修など。
あったものもなくせます。

写真はそのまま載せるより、加工する、ひと手間かけることが重要と思います。

画像加工サイトfotor

 写真の大きさ

写真や画像、音楽などのメディアは

mdaからアップロードできますが、どのくらいの大きさが一番良いのか?
大きいとサーバが重くなりますし、開く際にも負荷がかかります。

色々試して見た結果「表示する大きさちょうど」が一番良い、ことが判明しました。

小さな画像を大きく表示してもボケます。大きな画像を小さく貼ってもボケます。クリックして大きく見せたいのでなければ、300~500~最高1000ピクセルくらいが適当かな、という印象です。

補足=サイトの表示速度、写真など。

 画像の名前

細かいことですが、タグ的にはアルファベットで簡潔な名前がついている方がきれいですっきりします。

日本語のデータ名ではなく、top-1 など名称をそろえるとプロっぽい感じかも(笑)

画像に関してはアクセシビリティも参照あれ。

つぎのテストサイト



関連記事

コメントは利用できません。

WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Plugin creado por AcIDc00L: bundles
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: posicionamiento web